アロマテラピーとは、アロマ=「芳香」、テラピー=「療法」というふたつの意味から作られた言葉で、植物の薬理成分を凝縮した精油を用いて心身のトラブルを改善する自然療法のひとつです。
植物の香り成分には脳にダイレクトに働きかける作用があります。
心身をリラックスさせたり、人間が本来持っている自然治癒力や免疫力を高めたり、精神のバランスをとり、生体エネルギーを活発にし、全身的なバランスをとってくれます。
フランスやベルギーなどではアロマテラピーが医療として認知され、一部の精油は薬品としても扱われます。

※当サロンでは医療グレード最高品質のプラナロムの精油を使用しております。

 

講座についてのお問い合わせはこちら

香音は南薩エリアで初のNARD JAPAN認定校。

ご自身のケアやご家族のケアにアロマを取り入れてみませんか?

お気軽にお問い合わせください。